脱毛前にしてはいけない行為とは?

脱毛前にしてはいけない行為とは?

これからの薄着の時期に向けて、脱毛サロンに通い始める女性が増えると思います。そこで脱毛前にしてはいけない行為について簡単に説明します。

 

まず脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛は、毛根の黒いメラニン色素に働きかける仕組みになっていますので、肌が日焼けしていると強い痛みが出てしまいますし、場合によっては火傷などのトラブルの元にもなります。ですから脱毛前には日焼けをしないよう注意しましょう。

 

さらに飲酒をすると体温が上昇しますが、その状態のままで脱毛処理を行うと腫れや赤みが出る恐れがありますので、脱毛前の飲酒も避けなければなりません。できれば余裕を持って、脱毛を行う12時間前から飲酒は避けるようにしましょう。

 

またインフルエンザの予防接種なども、脱毛の前に行うと発熱などのトラブルの原因になりますので、予防接種は必ず脱毛を行う10日前までに済ませるよう心がけましょう。

 

その他には薬を飲んでいる場合なども、脱毛の施術を受けても問題がないかどうかを、事前に医師に確かめておいた方が無難ですし、また脱毛処理の前に日焼け止めクリームを塗ることも、毛穴が塞がってしまう恐れがあるので禁止しているサロンもあります。

 

そして何より基本的なことではありますが、体調の悪い日に無理をして脱毛の施術を受けることも、なるべく避けるようにしましょう。